日テレNEWS
スポーツ
2022年6月7日 21:03

巨人“勝利の方程式”鍬原を6回に投入も…初球打たれ逆転許す

巨人“勝利の方程式”鍬原を6回に投入も…初球打たれ逆転許す
勝ち越し打を許した鍬原拓也投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 西武―巨人(ベルーナドーム)

巨人は6回、2アウト満塁の場面。勝利の方程式の一角、鍬原拓也投手をマウンドに送ります。

今季すでに25試合に登板し1勝11ホールドを挙げている鍬原投手。2アウト満塁から押し出しの四球で1点差に迫られた状態で、2番手・菊地大稀投手からスイッチ。

西武・若林楽人選手を打席に迎えると、初球。外角低め、151キロのストレートをはじき返され、2点タイムリーヒット。

続く、呉念庭選手はファーストゴロに抑えて3アウトとしましたが、西武に逆転を許す形となりました。

7回からは平内龍太投手がマウンドに上がっています。