×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ヤクルト】塩見泰隆 走塁中に腰おさえ負傷交代 自力で立ち上がれず担架で運ばれる

【ヤクルト】塩見泰隆 走塁中に腰おさえ負傷交代 自力で立ち上がれず担架で運ばれる

2023年8月15日 20:29
【ヤクルト】塩見泰隆 走塁中に腰おさえ負傷交代 自力で立ち上がれず担架で運ばれる
3回、ファーストへの走塁中に腰痛に見舞われ担架で運ばれるヤクルト・塩見泰隆選手
プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(15日、神宮球場)

3回、ヤクルトの塩見泰隆選手が走塁中に腰をおさえ、負傷交代しました。

塩見選手は3回、1アウトランナーなしの場面で打席に入ると、バウアー投手の4球目を打ちます。

これが内野ゴロとなり、ファーストベースへと走り出した塩見選手。しかし少し走ったところで左腰をおさえ、失速してしまいます。

ベースにやっとの様子で到達すると、うずくまり、自力で立ち上がるのが難しい状態に。すぐ担架が用意され、横にはならず腰掛ける形でベンチ裏に運ばれていきました。4回以降、センターには、並木秀尊選手が代わって入っています。