日テレNEWS
スポーツ
2022年7月17日 17:37

“6安打で10得点” 広島打線が効率重視 堂林翔太の満塁HRなどHR攻勢で巨人3タテ

“6安打で10得点” 広島打線が効率重視 堂林翔太の満塁HRなどHR攻勢で巨人3タテ
4回に代打逆転満塁ホームランを放った広島・堂林翔太選手

◇プロ野球セ・リーグ 広島10-5巨人(17日、東京ドーム)

広島打線が効率的に得点を奪い、勝利しました。

4点ビハインドで迎えた4回に先頭の秋山翔吾選手、坂倉将吾選手の2ベースで1点を返すと、相手の3連続四球で1点を追加。そして1アウト満塁の場面で、代打の堂林翔太選手が5号満塁ホームランを放ち、逆転に成功します。

7回には、先頭で代打の中村健人選手が右中間へ3号ソロホームラン。8回には磯村嘉孝選手がレフトへ3号2ランホームランと点差を広げました。

終わってみれば10安打5得点の巨人に対し、広島は6安打で10得点。ヒットは少なくとも、効率良い得点力で巨人に今季初の3連勝を飾りました。