日テレNEWS
スポーツ
2022年6月5日 18:11

交流戦首位・ヤクルトが西武に“3タテ”で4連勝 高梨バースデー勝利 マクガフ3連投

交流戦首位・ヤクルトが西武に“3タテ”で4連勝 高梨バースデー勝利 マクガフ3連投
今季4勝目をバースデー勝利で飾ったヤクルト・高梨裕稔投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 ヤクルト5-3西武(5日、神宮球場)

交流戦首位のヤクルトが西武を相手に、このカード3連勝の“3タテ”。先発高梨裕稔投手が4勝目を挙げ、チームも4連勝です。

ヤクルトは2回、長岡秀樹選手の犠牲フライで先制すると、さらにこの日が31歳の誕生日でもある先発・高梨投手が自らタイムリーを放ち、2点をリードします。

1点リードの4回には高梨投手が西武・山川穂高選手に18号同点ソロホームランを許しますが、6回に打線が長岡選手と塩見泰隆選手のタイムリーで2点を援護。

高梨投手は6回を投げ3失点の粘りの投球。最後は3連投となるマクガフ投手が締めて勝利。高梨投手が今シーズン4勝目をバースデー勝利で飾りました。