日テレNEWS
スポーツ
2022年5月21日 17:57

采配に賛否両論 9回同点のチャンスで巨人・吉川尚輝がスリーバント失敗

采配に賛否両論 9回同点のチャンスで巨人・吉川尚輝がスリーバント失敗
9回、同点のチャンスを広げる場面でスリーバント失敗の巨人・吉川尚輝選手

◇プロ野球・セ・リーグ 阪神-巨人(21日、甲子園球場)

巨人の吉川尚輝選手が同点のかかる場面でスリーバント失敗、チャンスを広げられませんでした。

2点を追う巨人は9回、途中出場の増田陸選手から丸佳浩選手、ウォーカー選手の3連打で1点を返し、なおもノーアウト1塁・2塁のチャンスを作ります。

続くバッターは打率リーグトップの吉川尚輝選手。ここでバントの構えを見せると、1球目を見逃し。2球目はファールで2ストライクと追い込まれます。ここでもバントの構えを崩さない吉川選手。しかし、3球目もバントファウルでスリーバント失敗となり三振。

同点に追いつきたい巨人としてはチャンスを広げることができませんでした。この采配にSNSでは「バントじゃなくてもよかったんじゃ」「吉川バント決められれば勝つ可能性はね上がるのに」と賛否両論でした。