×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【巨人】合計7HRロッテとの空中戦を制す 岡本和真2発 坂本勇人はショート2000試合出場を自ら祝う

【巨人】合計7HRロッテとの空中戦を制す 岡本和真2発 坂本勇人はショート2000試合出場を自ら祝う

2023年5月31日 20:40
【巨人】合計7HRロッテとの空中戦を制す 岡本和真2発 坂本勇人はショート2000試合出場を自ら祝う
7号Hrを放った巨人・坂本勇人選手
プロ野球セ・パ交流戦 巨人7-4ロッテ(31日、ZOZOマリン)

両チーム合わせて7本のホームランが出た試合を巨人が制しました。

巨人の先発は、チームトップ今季5勝の戸郷翔征投手。初回、ロッテ1番岡大海選手にいきなり先頭打者ホームランを許します。

しかし2回、巨人もすぐさま反撃。4番・岡本和真選手がリーグトップに並ぶ今季10号ソロホームランを放ち1-1の同点。

4回には、ルーキー・門脇誠選手が2点タイムリーヒットを放ち、2点の勝ち越しに成功した巨人。さらに5回には、プロ野球史上初のショートで2000試合出場を達成した坂本勇人選手が7号ソロで、リードを3点に広げます。

しかし巨人は6回、ロッテ・ポランコ選手、安田尚憲選手にホームランを許し、試合は4-4の振り出しに戻ります。

8回、巨人はロッテのリリーフ澤村拓一投手から岡本和真選手がこの日2本目の11号2ラン、続く中田翔選手が8号ソロで3点を勝ち越し。

巨人はパ・リーグ首位のロッテに勝利し、交流戦初勝利。連敗は4でストップしました。