日テレNEWS
スポーツ
2022年6月16日 15:16

巨人2軍戦 赤星優志 8回に失点許すも1点のリードは守る

巨人2軍戦 赤星優志 8回に失点許すも1点のリードは守る
8回2失点の赤星優志投手

◇プロ野球イースタン・リーグ ヤクルトー巨人(16日、戸田)

8回に最大のピンチを迎えた巨人の先発、赤星優志投手。

中山翔太選手にセンター前ヒットを許すと、続く武岡龍世選手にもライト前に運ばれ、連打を許します。並木秀尊選手が送って、1アウト2、3塁。ここで荒木貴裕選手の内野ゴロの間に1点を献上してしまいます。

しかし、その後の内山壮真選手をセカンドゴロに切って取り、3アウトチェンジ。この回、1点差につめられましたが、8回105球を投げ、被安打6、奪三振4、与死球1、失点2で切り抜けています。