×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【西武】名手・源田壮亮がまさかの1イニング2失策 SNSでは「なにがあったの!?」と心配の声 その後打線奮起で逆転

【西武】名手・源田壮亮がまさかの1イニング2失策 SNSでは「なにがあったの!?」と心配の声 その後打線奮起で逆転

2023年6月18日 15:11
【西武】名手・源田壮亮がまさかの1イニング2失策 SNSでは「なにがあったの!?」と心配の声 その後打線奮起で逆転
西武・源田壮亮選手
プロ野球セ・パ交流戦 広島ー西武(18日、マツダスタジアム)

連敗脱出を目指す西武は、初回からショート・源田壮亮選手の2つのエラーが絡み3失点を失いました。

2アウト2塁・3塁で迎えた、広島の5番・坂倉将吾選手の打席。ショートへのボテボテのあたりを捕球した源田選手でしたが、1塁への送球が大きくはずれ、2点を失います。

すると源田選手は、6番・田中広輔選手が打ち上げた打球も、太陽の光が目に入り捕球できず、アウトを奪えません。

さらにランナー1塁・3塁となった7番・林晃汰選手の打席でも、三遊間への当たりを深いところで捕球した源田選手でしたが、2塁への悪送球でランナーが帰り、3点目を献上しました。

源田選手は、5年連続でゴールデングラブ賞を獲得したショートの名手。WBCでも、侍ジャパンの守備の要として活躍したこともあり、SNS上では、「なにがあったの!?」「珍しい」「大丈夫かな」など心配するコメントが集まりました。

試合は4回に西武の長谷川信哉選手の2ランホームラン。5回にも渡部健人選手が2ランホームランを放つなど、西武が5点を返し逆転しています。