日テレNEWS
スポーツ
2022年7月16日 19:10

16年ベストナインのロッテ・田村龍弘が2軍戦でHR 井口資仁監督「調子を上げてもらわないと」

16年ベストナインのロッテ・田村龍弘が2軍戦でHR 井口資仁監督「調子を上げてもらわないと」
16日、2軍戦でホームランを放ったロッテ・田村龍弘選手

◇プロ野球イースタン・リーグ ロッテ-楽天 降雨ノーゲーム(16日、浦和球場)

ロッテ・田村龍弘選手(28)が2回、ライトへ2ランホームランを放ちました。

しかし、その次の回で、雨がひどくなり、降雨ノーゲームとなったため、田村選手のホームランは記録としては残っていません。

1軍の試合も中止となり、囲み取材に応じた井口資仁監督は「ノーゲームになるまでは(2軍の試合を)見ていた。調子を上げてもらわないといけない」と田村選手について話しました。

2016年にはキャッチャー部門でベストナインを獲得した田村選手。しかし今シーズンはケガで出遅れ、1軍での出場がありません。

1軍では高卒ドラフト1位ルーキーの松川虎生選手(18)や打撃力のある佐藤都志也選手(24)の若手キャッチャーが1軍でのスタメンマスクをかぶっていて、田村選手につけいる隙を与えていません。

しかし、ロッテは首位と4ゲーム差の4位と優勝が狙える位置につけており、大事なシーズン後半戦には経験豊富な選手が必要となります。

また、ヤクルトや西武では新型コロナウイルスの影響で大幅な選手の入れ替えが行われています。緊急事態が発生する可能性もある中で井口監督は「いろんな意味で入れ替えもある。調子がいい人をどんどん上げていこうかなと思っている」と期待を込めました。