×

阪神・ドラ1森下翔太「ファンに負けない熱さを持ってプレー」尊敬するのは中大の先輩・牧 最後は“デスターシャ”で喜ぶ

2022年10月21日 5:30
阪神・ドラ1森下翔太「ファンに負けない熱さを持ってプレー」尊敬するのは中大の先輩・牧 最後は“デスターシャ”で喜ぶ
阪神・ドラフト1位森下翔太選手(左)、ヤクルト・ドラフト5位北村恵吾選手(右)
今年のプロ野球ドラフト会議中央大学からプロ野球入りが決まったのは2選手。阪神のドラフト1位で森下翔太外野手、ヤクルトのドラフト5位で北村恵吾内野手が指名を受けました。

森下選手は強打が売りの右の長距離砲。阪神はスイングスピードと飛距離を高評価し、将来の中軸候補として期待。北村選手も長距離ヒッターの素質を持ち、勝負強い打撃をヤクルトが高く評価しています。

阪神からの1位指名に森下選手は「正直ビックリしている部分が大きいですけど、素直にうれしく思います。順位に恥じないようなプレーをして、自分らしさを出していきたい。阪神ファンはどの球団よりも熱い球団だと思っていて、そこに負けない熱さを持ってプレーしたい」と話しました。

そして目標する選手を聞かれると大学の2学年先輩で、すでにDeNAの主軸を務める牧秀悟選手を挙げた森下選手。

「ずっと背中を近くで見ていたので、1番尊敬している選手です。チーム内での行動もすべて見てきて、刺激されてこういう選手になりたい憧れを持った。リーグ戦で打てなかった時に、牧さんが夜の素振りを誘ってくれて、一緒にスイングしたりしたのが思い出です。(プロ野球では)真剣勝負で戦っていければと思います」

最後は北村選手と並んで、牧選手がホームランの後に行う“デスターシャ”パフォーマンスで写真撮影。憧れの先輩と同じプロの舞台に飛び込みます。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 阪神・ドラ1森下翔太「ファンに負けない熱さを持ってプレー」尊敬するのは中大の先輩・牧 最後は“デスターシャ”で喜ぶ