×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • オリックス・近藤大亮投手が支配下登録「一日一日を大切に投げていきたい」背番号は「20」

オリックス・近藤大亮投手が支配下登録「一日一日を大切に投げていきたい」背番号は「20」

2022年4月24日 14:33
オリックス・近藤大亮投手が支配下登録「一日一日を大切に投げていきたい」背番号は「20」
支配下登録され「ここからがスタート」と語ったオリックス・近藤大亮投手
オリックスは24日、育成の近藤大亮投手を支配下登録したと発表しました。背番号は「20」となります。

近藤投手は2015年のドラフト会議でオリックスから2位指名。プロ1年目の2016年から2019年にかけ、計160試合に登板し8勝をあげています。その後、2020年に右肘の手術をし、その年のオフに育成選手として契約を結んでいました。

今シーズンは、ファームで8試合に登板し、打者28、奪三振12、与四球3の成績を残していました。

近藤投手は球団を通じて、「まずはこの2年間、支えていただいたすべての方々に感謝したいと思います。ケガでリハビリを行っている間にチームが優勝するなど、自分の居場所が無くなってしまうのではないかと不安な気持ちもありましたが、必ずまたあの舞台に戻りたいという一心で、前を向いて一日一日やるべきことをやってきました。まだここからがスタートとなりますが、これまで支えてくださった方々に少しでも恩返しができるように、一日一日を大切に投げていきたいと思います」とコメントしています。