日テレNEWS
スポーツ
2022年5月1日 16:30

阪神6連勝へ 打率.194の2人 糸原・梅野のタイムリーで逆転 SNS「阪神優勝じゃん」

阪神6連勝へ 打率.194の2人 糸原・梅野のタイムリーで逆転 SNS「阪神優勝じゃん」
逆転タイムリーを放った、阪神・梅野隆太郎選手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人ー阪神(1日、東京ドーム)

6連勝を狙う阪神は1点を追う6回、糸原健斗選手と梅野隆太郎選手のタイムリーで逆転に成功しました。

6回、先頭の佐藤輝明選手がツーベースヒットで出塁します。続く大山悠輔選手がピッチャーへの内野安打でノーアウト1、3塁とチャンスを広げます。

その後、1アウト1、3塁とされますが、糸原選手が巨人・先発の高橋優貴投手の3球目のストレートを捉え、三遊間を抜ける同点のタイムリーヒット。さらに2アウトから梅野選手もタイムリーを打ち、この回逆転に成功します。

タイムリーを打った2人は、打席前の打率がともに.194。調子が上がらない2人が貴重な逆転劇を演出しました。

この逆転にSNSでは「阪神優勝じゃん」「この2人が打てば勢いが増すと思う ナイスバッティング!!」「糸原、梅野が打ってて泣いた」「阪神6連勝見えてるなぁ」と盛り上がりを見せています。