日テレNEWS
スポーツ
2022年4月21日 19:35

“二刀流?”阪神先発・齋藤友貴哉がツーベースヒット 熊谷の犠牲フライで先制に成功

“二刀流?”阪神先発・齋藤友貴哉がツーベースヒット 熊谷の犠牲フライで先制に成功
3回、ツーベースヒットを放ち笑顔を見せる阪神・齋藤友貴哉投手

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-阪神(21日、横浜スタジアム)

阪神先発の齋藤友貴哉投手が3回、右中間へツーベースヒットを放ちました。

両チーム無得点で迎えた3回、阪神は先頭の齋藤投手がDeNA先発・坂本裕哉投手の投じた7球目の変化球を右中間にはじき返し、ツーベースヒットを放ちました。

これがプロ2本目のヒット。中継映像にはショートを守る大和選手からボールが渡され、笑顔を見せる齋藤投手の姿も。

その後、阪神はチャンスを広げると、2番・熊谷敬宥選手の犠牲フライで阪神が先制しました。

齋藤投手のヒットにSNSでファンは「二刀流?」「虎の秘密兵器?」といった驚きの声が上がっています。