×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【巨人】2年ぶりの岐阜で連敗ストップ プロ初1番スタメンの浅野は初マルチ安打 赤星が2勝目

【巨人】2年ぶりの岐阜で連敗ストップ プロ初1番スタメンの浅野は初マルチ安打 赤星が2勝目

2023年8月31日 20:59
【巨人】2年ぶりの岐阜で連敗ストップ プロ初1番スタメンの浅野は初マルチ安打 赤星が2勝目
原辰徳監督(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人2-0広島(31日、岐阜・長良川球場)

2年ぶりに岐阜で行われた試合は、接戦を制した巨人が連敗を2で止めました。

今季2勝目を狙う先発の赤星優志投手ですが、初回にアクシデントが。

先頭の菊池涼介選手に、5球目のストレートを、打ち返されると、打球が赤星投手の右の腰付近に直撃。ピッチャー強襲の内野安打となります。

赤星投手は治療のため、一度ベンチ裏に行きましたが、再びマウンドへ上がると、その後ピンチを招くも、西川龍馬選手をダブルプレーに打ち取り、初回を無失点に抑えます。

すると打線は1回裏の攻撃、浅野翔吾選手と北村拓己選手の連打などで、ノーアウト満塁のチャンスを作ると、坂本勇人選手と丸佳浩選手の犠牲フライで2点を先制します。

援護をもらった赤星投手は3回、2塁打と死球で1アウト1、2塁のピンチを招きましたが、今季初スタメンの松田宣浩選手が、小園海斗選手の越えればタイムリーになりそうな打球をジャンピングキャッチし、得点を与えません。

その後の赤星投手は、広島打線に粘られる場面もありましたが、5回91球無失点の投球。勝ち投手の権利を持って降板します。

降板後、赤星投手は「ボール先行になる場面も多かったが守備や岸田さんのリードに助けられました。初回に打球が当たりましたが、岐阜(球場にきていただいた)のファンの皆さんの温かい声援のおかげで粘り強く、最低限の仕事ができました」とコメントしました。

リリーフ陣は2点のリードを守り切り、広島打線をシャットアウト。赤星投手は2勝目を挙げ、巨人が連敗を2で止めました。

またプロ初の1番でスタメン出場となったドラフト1位ルーキーの浅野翔吾選手は、第1打席と第3打席でヒットを打つなど4打数2安打で、初のマルチ安打を記録しました。