×

【きょうの1シーン】巨人秋季キャンプ 残留の投手陣がスロー投法やのぼり傾斜で投球練習

2022年11月7日 17:02
【きょうの1シーン】巨人秋季キャンプ 残留の投手陣がスロー投法やのぼり傾斜で投球練習
のぼり傾斜を利用した投球練習を行う石田隼都投手
プロ野球・巨人の秋季キャンプで7日、残留組の投手陣が、久保康生巡回投手コーチの指導のもと、スロー投法やのぼり傾斜を利用した投球練習、平均台のような細い土台での投球練習などを行いました。

スローモーションでの投球を行っていたのは代木大和投手。通常の投げ方と違って、体重移動がどう行われているかなどが、理解しやすかったと話しました。

「感覚はすごくよかったです。力入れて、同じようにできるか?と言われれば、まだ分からないですが、感覚はすごくよかったです。これを継続してやっていけば、また力感なくとも、いいボールが投げられるのかなというイメージはできました」

久保コーチは、自身のアメリカでの経験などから、既成概念にとらわれずに、いろいろ試して欲しいと若手投手に常々伝えていて、今後もさまざまな練習方法が取り入れられそうです。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【きょうの1シーン】巨人秋季キャンプ 残留の投手陣がスロー投法やのぼり傾斜で投球練習