×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「本田はやる男」オリックス2番手・本田仁海 ピンチ招くも圧巻の3者連続三振 1点リード守る

「本田はやる男」オリックス2番手・本田仁海 ピンチ招くも圧巻の3者連続三振 1点リード守る

2022年6月4日 17:27
「本田はやる男」オリックス2番手・本田仁海 ピンチ招くも圧巻の3者連続三振 1点リード守る
8回、3者連続三振を奪ったオリックス・本田仁海投手
プロ野球セ・パ交流戦 広島-オリックス(4日、マツダスタジアム)

オリックスは1点リードの8回、先発・山本由伸投手の後を受け本田仁海投手がマウンドに上がります。

しかし、先頭の代打・堂林翔太選手にフォアボール、続く野間峻祥選手にヒットを許しノーアウト1、3塁のピンチを招いてしまいます。

それでもここから圧巻のピッチングを見せた本田投手。

2番・菊池涼介選手を154キロのまっすぐで空振り三振に抑えると、3番・中村奨成選手には低めのスライダーを振らせ空振り三振。

そして4番・マクブルーム選手は153キロのストレートに手が出ず見逃し三振。3者連続三振で広島打線に得点を許しませんでした。

この投球にSNSでは、「本田はやる男」「本田くんえぐすぎる」と賞賛の声があがっています。