日テレNEWS
スポーツ
2021年1月3日 19:20

高校サッカー 昌平、青森山田などが8強

高校サッカー 昌平、青森山田などが8強
(c)NNN

第99回全国高校サッカー選手権大会は3日、3回戦が首都圏4会場で行われ、Jリーグ内定4選手を擁する埼玉・昌平や、前回大会準優勝の青森山田などが準々決勝に進出しました。一方、東福岡はPK戦の末に敗れ、4大会ぶりの8強入りを逃しています。

埼玉・昌平は、鹿島に入団が内定している須藤直輝選手(3年)がゴールを決めるなど、前半に3点を奪い長崎・創成館に快勝しました。

前回大会準優勝の青森山田は先制点を許しますが、ロングスローからチャンスをつくるなど持ち味の攻撃力を発揮。岐阜・帝京大可児に逆転勝ちし、3大会連続で準々決勝に進みました。

一方、優勝経験3回の実績がある東福岡は、PK戦で3人続けて失敗し、栃木・矢板中央に敗戦。4大会ぶりの8強入りはなりませんでした。

準々決勝は休養日を経て、5日に行われます。

【3日・3回戦結果】
(埼玉)昌平   3-0 創成館(長崎)
(千葉)市立船橋 3-0 仙台育英(宮城)
(富山)富山第一 1-0 神村学園(鹿児島)
(東京A)堀越  2-0 丸岡(福井)
(山梨)山梨学院 1(7PK6)1 藤枝明誠(静岡)
(新潟)帝京長岡 3-1 神戸弘陵学園(兵庫)
(栃木)矢板中央 0(3PK1)0 東福岡(福岡)
(青森)青森山田 4-2 帝京大可児(岐阜)