×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “ジエンゴ”玉村昇悟 先制のタイムリー内野安打 打っては2打数2安打、投げては6回無失点

“ジエンゴ”玉村昇悟 先制のタイムリー内野安打 打っては2打数2安打、投げては6回無失点

2022年9月4日 16:03
“ジエンゴ”玉村昇悟 先制のタイムリー内野安打 打っては2打数2安打、投げては6回無失点
広島・玉村昇悟投手
プロ野球セ・リーグ 広島ーDeNA(4日、マツダスタジアム)

0-0で迎えた4回、広島はDeNA先発の京山将弥投手を攻めたてます。

2アウト満塁の場面で、9番玉村昇悟投手が打席に。2球目内角148キロのストレートを当てると、ショートへの弱いゴロ。ショート大和選手は捕球するも、1塁へ送球できず内野安打。広島が玉村投手のタイムリーで先制に成功しました。

SNSでは「玉村、バッティングうますぎだろ」「玉ちゃん自援護!ナイス内野安打」「ジエンゴえらいです」など、自ら打って得点を奪った玉村投手を称賛するファンの投稿が見られました。

玉村投手はこの試合打撃では2打数2安打、投げては6回85球を投げ被安打4の無失点でマウンドを降りました。広島は6回を終わって2ー0とリード。DeNA戦3試合連続完封勝利に前進しています。