日テレNEWS
スポーツ
2021年3月3日 22:02

レジェンド・葛西 国内大会で今季初表彰台

レジェンド・葛西 国内大会で今季初表彰台
(c)NNN

冬の五輪に8度出場しているノルディックスキー・ジャンプのレジェンド、葛西紀明選手(48)が3日、宮の森ジャンプ競技場(北海道・札幌市、ノーマルヒル、K点・90メートル、ヒルサイズ・100メートル)で行われた「札幌オリンピック記念スキージャンプ競技大会」に出場し、3位タイに入り、今季初めて表彰台に上がりました。

葛西選手は1回目で安定した飛行を見せ、K点を超える94メートルのジャンプを見せます。

横なぐりの雪が降る中、迎えた2回目はさらに飛距離を伸ばし、ヒルサイズに迫る98メートルの大ジャンプ。葛西選手はトータル227.7ポイントの3位タイで今季初めての表彰台。若い選手が多く出場する大会で貫禄を見せました。

昨季は成績を伸ばせず、今季のワールドカップに出場できていない葛西選手。1年後に迫った北京五輪での9度目の出場を目指し、巻き返しを狙います。

■結果

優勝 清水礼留飛 230.6
2位 渡部弘晃  228.9
3位 葛西紀明  227.7
   駒場信哉  227.7