日テレNEWS
スポーツ
2021年5月4日 16:25

ヤクルト デーゲーム初勝利へ村上が同点打

ヤクルト デーゲーム初勝利へ村上が同点打
(c)NNN

4日、明治神宮球場で行われているプロ野球・ヤクルト対阪神。ヤクルトは、今シーズンのデーゲームの試合で0勝7敗2引き分け。デーゲームで未だ白星がないチームはヤクルトだけとなっています。対する阪神はデーゲームで11戦11勝。12球団唯一負けなしと対照的な両チームの対戦となりました。

そのヤクルトは1点を追う4回、ランナー2塁の場面で4番・村上宗隆選手がフルカウントから低めの変化球をうまく左中間へ打つタイムリーヒット。この一打で打点をリーグ2位タイとしました。

村上選手はこの一打について、「打ったのはカットボールです。得点圏にランナーがいたので、返すことだけを考えて集中して打席に入りました。強引にいかずコンパクトに打つことが出来ました」とコメントしています。

その後、5回表にオスナ選手のタイムリーエラーで阪神に1点のリードを許しますが、その裏、西浦直亨選手の同点ホームランや山田哲人選手のタイムリーツーベースなどで3点を取り、4-2で5回が終了。今シーズンのデーゲーム初勝利へ、ヤクルトがリードして前半を折り返しています。