×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【W杯こぼれ話】アメリカ-イラン戦で選手同士が健闘をたたえ合う姿に拍手 国同士は対立姿勢も

【W杯こぼれ話】アメリカ-イラン戦で選手同士が健闘をたたえ合う姿に拍手 国同士は対立姿勢も

2022年12月1日 18:12
【W杯こぼれ話】アメリカ-イラン戦で選手同士が健闘をたたえ合う姿に拍手 国同士は対立姿勢も
イランの選手(白)とアメリカの選手(青)が健闘をたたえ合う(写真:新華社/アフロ)

◇サッカーFIFAワールドカップカタール2022 (11月20日~12月18日)グループステージB アメリカ1-0イラン(29日)

アメリカとイランは国として対立の姿勢を示しているため、この一戦の前には、不穏な空気が。アメリカのサッカー連盟がネット上で間違ったイランの国旗を使用したことで、不測の事態が起こるのでは、などの懸念もありました。

しかし、ふたを開けてみれば、選手同士はピッチ上でお互いをリスペクト。相手国の選手が倒れたときには手を差し出すなど、フェアプレーの90分間。1-0でアメリカが勝利し、イランがグループステージ敗退となりましたが、互いに握手を求め、健闘をたたえる場面に両国のサポーターからも大きな拍手が送られました。

SNS上では「スポーツは国際政治を超える」「宗教、信念が違ってもスポーツはその垣根を忘れさせてくれる」「素晴らしい」などの声があふれました。