×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【DeNA】大貫晋一が3回5失点で降板 打線は3回まで無失点 約4か月ぶりの4位転落の危機

【DeNA】大貫晋一が3回5失点で降板 打線は3回まで無失点 約4か月ぶりの4位転落の危機

2023年8月5日 18:24
プロ野球セ・リーグ DeNA-阪神(5日、横浜スタジアム)

DeNAの先発・大貫晋一投手が、3回5失点で降板しました。

6月17日以来の勝利を目指した大貫投手でしたが、初回に2本のヒットで1アウト1、3塁といきなりピンチを背負うと、大山悠輔選手に左中間スタンド中段へ3ランホームランを打たれ、阪神に先制を許します。

2回は無失点に抑えましたが、3回に2アウト1、2塁のピンチを招くと、青柳晃洋投手と近本光司選手に連続タイムリーを浴び、3回5失点で降板となりました。

一方の打線ですが、青柳投手の打たせて取るピッチングで3回までに3つの併殺打を記録するなど、無失点に抑えられています。

DeNAはこの試合で「負け」か「引き分け」の場合、巨人が広島に勝つと、4月15日以来の4位転落となるだけに、打線の反撃に期待です。