×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【セ・リーグ順位表】首位阪神が8回に一挙4得点で逆転勝利 2位広島はサヨナラ勝ち 上位の差は変わらず

【セ・リーグ順位表】首位阪神が8回に一挙4得点で逆転勝利 2位広島はサヨナラ勝ち 上位の差は変わらず

2023年8月5日 8:40
【セ・リーグ順位表】首位阪神が8回に一挙4得点で逆転勝利 2位広島はサヨナラ勝ち 上位の差は変わらず
4日試合終了時点のセ・リーグ順位表
プロ野球セ・リーグは4日、各地で3試合が行われました。

3位DeNAと対戦した首位阪神は、先発の村上頌樹投手が好投するも6回、牧秀悟選手に2ランホームランを打たれ逆転を許します。それでも8回にノイジー選手が同点タイムリーを放つと、木浪聖也選手の勝ち越しタイムリーなどでこの回一挙4得点。逆転勝利をあげました。

2位広島は4位巨人と対戦。2回にデビッドソン選手の本塁打で先制に成功。その後逆転を許し1点を追いかける9回、連打などで満塁のチャンスを作ると、小園海斗選手のタイムリーで同点に。なおもチャンスで代打・松山竜平選手が内野安打を放ちサヨナラ勝利を飾りました。

5位ヤクルトとの一戦に臨んだ6位中日は、初回に一挙4点を先制すると、その後もこの日が誕生日の細川成也選手が2本の本塁打を放つなど13安打11得点の大勝。投げては先発の松葉貴大投手が5回1失点で今季初勝利を挙げました。敗れたヤクルトは3連敗です。

<4日の結果>
◆阪神5ー2DeNA
勝利投手【阪神】浜地真澄(3勝1敗)
敗戦投手【DeNA】伊勢大夢(2勝5敗2S)
セーブ【阪神】岩崎優(3勝1敗19S)
本塁打
【DeNA】牧秀悟18号

◆広島4―3巨人
勝利投手【広島】大道温貴(2勝)
敗戦投手【巨人】中川皓太(1勝2敗3S)
本塁打
【広島】デビッドソン10号

◆中日11-1ヤクルト
勝利投手【中日】松葉貴大(1勝2敗)
敗戦投手【ヤクルト】サイスニード(5勝6敗)
本塁打
【中日】細川成也15号、16号
宇佐見真吾2号