日テレNEWS
スポーツ
2021年10月24日 20:49

ヤクルト原樹理 自ら走者一掃タイムリー

ヤクルト原樹理 自ら走者一掃タイムリー
(c)NNN

◇セ・リーグ、ヤクルト×巨人(24日、明治神宮野球場)

優勝マジックを3としている首位・ヤクルトは3位の巨人と対戦。

両チーム無得点で迎えた4回、ヤクルトは巨人先発の戸郷翔征投手から村上宗隆選手・サンタナ選手の連続タイムリーで3点を奪います。

さらにヤクルトは2アウト2・3塁とチャンスを広げると、ここで巨人が8番の西浦直亨選手を申告敬遠。2アウト満塁となり、9番打者の先発ピッチャー・原樹理選手が打席へ。

ここで原選手は戸郷投手の3球目を強振。打球はレフト線へ抜け、ランナー3人が生還する走者一掃のタイムリーヒット。先発投手の原選手が自らの打撃でリードを6点に広げました。