日テレNEWS
スポーツ
2021年11月2日 12:37

巨人・岡本2年連続2冠 虎・中野が盗塁王

巨人・岡本2年連続2冠 虎・中野が盗塁王
(c)NNN

セ・リーグの全日程が終了し、今シーズン、すべての個人タイトルが決まりました。

巨人の岡本和真選手が、2年連続でホームラン王(39本)と最多打点(113)で2冠に輝きました。

また盗塁王には、阪神のルーキー・中野拓夢選手が両リーグ最多の30盗塁を決め、初めての盗塁王になりました。

◇セ・リーグ 個人タイトル

最優秀防御率 中日・柳裕也 
       防御率 2.20(初)

最高勝率   阪神・青柳晃洋 
       勝率 .684(初)

最多勝    阪神・青柳晃洋 13勝(初)
       広島・九里亜蓮 13勝(初)

最多セーブ  阪神・スアレス 
       42セーブ(2年連続2度目)

最優秀中継ぎ ヤクルト・清水昇 
       53ホールドポイント(2年連続2度目)

最多奪三振  中日・柳裕也 168奪三振(初)

首位打者   広島・鈴木誠也 
       打率 .317(2年ぶり2度目)

最多安打   阪神・近本光司 
       178安打(初)

最多本塁打  ヤクルト・村上宗隆 
       39本塁打(初)
       巨人・岡本和真
       39本塁打(2年連続2度目)

最多打点   巨人・岡本和真 
       113打点(2年連続2度目)

最高出塁率  広島・鈴木誠也 
       出塁率 .433(2年ぶり2度目)

最多盗塁   阪神・中野拓夢 
       30盗塁(初)