日テレNEWS
スポーツ
2021年11月17日 18:19

浦和退団の槙野「整理ついてない」涙で語る

浦和退団の槙野「整理ついてない」涙で語る

J1浦和レッズを今季で退団する槙野智章選手(34)が17日、取材に応じ、10年間在籍したチームへの思いを涙ながらに語りました。

11月5日にクラブから契約満了に伴い、延長の意思がないことを通達されたという槙野選手。

「今になっても答えが導き出せてないし、自分の中で整理はついてない。通達されたときには、まさか自分がという思いは正直ありました。11月5日に(通達を)受けてきょう17日ですけど、毎日、毎日泣いてます」

「よそ(広島)から来て、たかが10年かもしれないけど、僕にとって10年はすごく濃かった。大好きなクラブだしずっといたかった。このクラブで引退したかったなと思って…」

最後は言葉に詰まりながら、クラブへの思いを明かした槙野選手。注目される今後について聞かれると。

「他のクラブで同じような情熱を持って、違うユニホームを着てプレーする想像は今あまりついていなくて、毎日どうしたらいいんだろうと思っている状況。自分でもどうしたらいいかわからないです。現実を受け止めなければ前に進めないと思っているので、今後の自分に何が必要なのか、自分が何を求めているのか整理して次のステージに向かっていきたい」と、現役を続け移籍先を探す意向を示しました。

そして熱いレッズファンとの思い出については。

「いろいろありましたし、いろいろ言われてはきましたけど、僕の10年間の成長は浦和のファンなくてはここまで成長できなかった。数々のタイトル含めた分岐点、W杯出場に向けても成長させてもらいましたし、何よりも『We are REDS!』コールとか、ピッチから見る景色、サポーターが作り出す雰囲気は今でも忘れられないし、実力以上のものを引き出してくれる、心強い味方がいたと思っている。僕は強い絆で結ばれていると思っています」と感謝の言葉を並べました。

そして、妻で女優の高梨臨さんとの結婚も浦和がきっかけだったことを明かし、

「妻との出会った最初のデートをゲットしたのもレッズ。1試合2ゴールを取ると僕が条件を突きつけて、それを達成できたから、デートにこぎ着けて結婚できた。妻にとっても浦和レッズはかけがえのないチームだと思います」と、結婚秘話を涙と笑顔で語りました。

引退後の目標には。

「監督になってね、帰ってきたいなと思っているんですけど。今ね、新庄監督が野球界で盛り上げてくれていますけど、あの選手を見に行きたいと思ってスタジアムに来るファンサポーターは多いと思うんですけども、サッカー界であの監督見に行きたい、あの監督が指揮するサッカーを見たいって思ってもらえるような監督になって戻ってきたいなと思っています」と、指導者としての活躍したいことを口にしました。

■槙野智章選手の経歴
・1987年5月11日生まれ(34歳)
・出身:広島県広島市
・身長/体重 182cm/77kg

サンフレッチェ広島の下部組織からトップ昇格し、2006年J1デビュー。2010年から12年までドイツ1部のケルンでプレー。2012年に浦和へ移籍。2017年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)では優勝に貢献。日本代表として活躍し、2018年ロシアW杯にも出場。


■獲得タイトル(槙野選手移籍後)
・J1 1stステージ(2015年)
・J1 2ndステージ(2016年)
・Jリーグカップ(2016年)
・スルガ銀行チャンピオンシップ(2017年)
・ACL(2017年)・天皇杯(2018年)
・Jリーグベストイレブン(2010年、15年、16年)

■個人成績
・今季30試合出場2得点
・J1通算(398試合出場45ゴール)*広島&浦和
・日本代表(38試合出場4ゴール)

写真:アフロスポーツ