日テレNEWS
スポーツ
2022年5月10日 19:10

「最大の防壁」サトテルの痛烈な当たりを逆シングルでアウト 広島・菊池涼介がさすがの好守備

「最大の防壁」サトテルの痛烈な当たりを逆シングルでアウト 広島・菊池涼介がさすがの好守備
好守備でアウトにした広島・セカンド菊池涼介選手

◇プロ野球セ・リーグ 阪神-広島(10日、甲子園球場)

広島の菊池涼介選手が2回、痛烈な打球をさばく好プレーを見せました。

広島の先発は床田寛樹投手。2回、先頭打者に4番の佐藤輝明選手を迎えます。

2球で2ストライクと追い込みますが、3球目のストレートを痛烈にはじき返されます。

ライト前に抜けるかと思われた打球。しかし菊池選手が、手前でバウンドした打球を右膝をつきながら滑り込み、逆シングルでキャッチ。すぐさま上体を起こすと、落ちついて1塁へ送球して1アウトとしました。

この好プレーに、SNSでは「最大の防壁」「菊池ならさばいちゃうんだよな」「平気で簡単にこなす」と称賛の声が集まっています。