×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “終盤のランナーとして存在感”巨人・原監督 重信慎之介の走塁を称賛 一瞬の隙を逃さず3塁に“ヘッスラ”

“終盤のランナーとして存在感”巨人・原監督 重信慎之介の走塁を称賛 一瞬の隙を逃さず3塁に“ヘッスラ”

2023年7月30日 20:02
“終盤のランナーとして存在感”巨人・原監督 重信慎之介の走塁を称賛 一瞬の隙を逃さず3塁に“ヘッスラ”
走塁で存在感をみせる重信慎之介選手(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人4-0中日(30日、東京ドーム)

8回、巨人・坂本勇人選手の代走で出場した重信慎之介選手。岡本和真選手が申告敬遠となり、1アウト1、2塁で、秋広優人選手が打席に入りました。

その1球目、中日の清水達也投手の緩い球がワンバウンドし、キャッチャーの宇佐見真吾選手が3塁方向にこぼしてしまいます。その隙を見逃さなかった重信選手は3塁に向かって、ヘッドスライディング。1塁の岡本選手も2塁に進み、チャンスを広げました。

「大きいですね。非常にこう、終盤のランナーという点においては存在感出てますね」と原辰徳監督も重信選手を称賛しました。

その後、秋広優人選手がタイムリーを放つなど、巨人が勝利しています。