日テレNEWS
スポーツ
2022年5月8日 18:56

ヤクルト高津監督「素晴らしい9回の攻撃だった」巨人に3連勝で首位キープ

ヤクルト高津監督「素晴らしい9回の攻撃だった」巨人に3連勝で首位キープ
巨人に3連勝したヤクルト高津臣吾監督

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト4ー3巨人(8日、東京ドーム)

ヤクルトは1点ビハインドで迎えた9回、山崎晃大朗選手のタイムリーが飛び出し、逆転勝利。巨人に3連勝で首位をキープしました。

◇以下、高津臣吾監督のインタビュー

――見事な逆転勝利おめでとうございます。9回の攻撃はどのようにご覧になっていた?

「(大勢投手は)すごく難しいピッチャーなので、繋いでいくこともなかなか難しかったんですけど、よくみんなボールを選んで、山崎が一発で仕留めてくれたという素晴らしい9回の攻撃だったと思います」

――まさに今年のヤクルトスワローズを象徴するような繋がりだったと思うが?

「その通りですね。バッテリーも含めて打線ももちろん、繋がりということはすごく意識してやっていますし、今日のゲームに関してはそういうことがよくできたゲームだったのかなと思います」

――決勝打の山崎選手。今シーズンは出場機会は決して多くないと思うが、あのバッティングはどうだった?

「そうですね。思い切りがいいというか。しっかり振ってくれました。確かに出場機会はなかなかないんですけどね、ああやって途中からゲームに入っていく難しさも経験しながら、よく打ってくれたと思います」

――木澤尚文投手はプロ初勝利となりました。これについてはいかがですか?

「うれしいですね。本人もっとうれしいでしょうけど、昨年なかなか思うようにいかずに、今年キャンプから非常に成長してくれた1人で、ちょっと時間はかかりましたけれども、すごく良いピッチングを続けてくれていると思います」

――これでジャイアンツ戦、同一カード3連勝となりました。チームの状態はどう見ていますか?

「まだまだ5月なのでこれからだとは思うんですけど、キープしていくところと修正していくところ。上げていかなきゃいけないところ。いろいろしっかり明確にして取り組んでいきたいと思っています」