×

【サッカー】高校選抜勝利の立役者 池戸柊宇が披露したゴールパフォーマンス「忘れていた(笑)」カメラに決めポーズ

2024年2月18日 10:45
【サッカー】高校選抜勝利の立役者 池戸柊宇が披露したゴールパフォーマンス「忘れていた(笑)」カメラに決めポーズ
決勝点をあげた池戸柊宇選手のゴールパフォーマンス
◇サッカーFUJIFILM SUPER CUP 2024 「NEXT GENERATION MATCH」日本高校サッカー選抜1-0 ヴィッセル神戸U-18(17日、国立競技場)

日本高校サッカー選抜が、『聖地』国立競技場で行われたNEXT GENERATION MATCHでヴィッセル神戸U-18と対戦し1-0で勝利しました。

決勝点をあげたのは、京都橘高のDF池戸柊宇選手でした。後半35分、左のコーナーキックからボールはファーへ。183センチと長身の池戸選手が頭で合わせネットを揺らしました。

直後、チームメートと喜びを分かち合います。すると池戸選手は思い出したように、テレビカメラを見つけポーズを決めました。

右手を高くあげ小指と薬指を曲げたもの。お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏さんの代表的なギャグの一つでもある『ゴイゴイスー!』のポーズです。

実はこのポーズ、池戸選手は、チームのキャンプ内で自身が一発芸として披露していたものでチーム内にも浸透していました。

「夢かと思った。周りに歓声が上がっていて、自分が決めたんだと思って、うれしすぎて、気がついたらジャンプしてガッツポーズしていました。気持ちよすぎて点を決めたときは忘れていた。誰にも言っていなかったけど、ゴールを決めたらやろうと思っていた。最後に思い出してできてよかった」と満面の笑みで話しました。

昨年末に行われた全国高校サッカー選手権に、京都代表として出場していた池戸選手。初戦敗退で聖地・国立でプレーすることはかないませんでした。しかし、今回「日本高校サッカー選抜」の一員として国立競技場での試合に出場し、決勝点を挙げたヒーローになった池戸選手。「絶対にやらないといけないという思いがあった。結果に出てよかった」と話しました。
  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【サッカー】高校選抜勝利の立役者 池戸柊宇が披露したゴールパフォーマンス「忘れていた(笑)」カメラに決めポーズ