×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人・丸佳浩は4億5千万円で更改 自らには厳しい評価 「最終的にはメンタル」サッカー日本代表の活躍に刺激

巨人・丸佳浩は4億5千万円で更改 自らには厳しい評価 「最終的にはメンタル」サッカー日本代表の活躍に刺激

2022年12月2日 17:10
巨人・丸佳浩は4億5千万円で更改 自らには厳しい評価 「最終的にはメンタル」サッカー日本代表の活躍に刺激
巨人・丸佳浩選手(写真:球団提供)
プロ野球の巨人・丸佳浩選手が2日に契約更改。現状維持の4億5千万円(推定)でサインしました。

今季はチーム唯一の全試合出場。打率.272、本塁打27、打点65を記録。1年間チームを支えてきましたが、出た言葉は悔しさ。

「個人としての目標として全試合出場はあったけど、成績としてはパッとしない。全試合出場しているということは全試合勝敗にからんできている。チームとしては悔しい結果に終わったので、ずっと試合に出ている身としては非常に責任を感じています」

今季は5年ぶりのBクラスとなる4位。試合に出続けたからこそ、チームを勝利に導けなかったという自分に厳しい評価を下しました。

来季は丸選手について原辰徳監督はセンターからライトへのコンバートを示唆。丸選手もポジティブに捉えていました。

「僕が動くことでチームがもっと良く回ってくれればいい。誰もいなかったらセンターに戻る可能性もありますので、心の準備もしていきたい。若い選手にも出てもらいたいけど、甘い世界でもないので、そこは臨機応変にやっていきたい」

またこの日はサッカー日本代表がワールドカップでスペインを撃破し、2大会連続の決勝トーナメント進出。この快進撃に丸選手も触発されたと言います。

「どんな競技でも負けられない試合がある。今回のゲームで勝ちきれる日本代表の選手のみなさん、技術もそうなんですけど、最終的にはメンタルなんですよね。『絶対勝つ!』という、そういうところを僕も含めて、(巨人も)チーム全員で共有しながらやっていった方がいい方向に向かうのかなと思いました」

来季は全試合出場と『打率.300、出塁率.400』と成績を目標に。チームの優勝に近づけるように力を発揮したいと誓いました。