×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【オリックス】リーグ3連覇へ王手 ロッテとの直接対決制し優勝マジックは『2』に 東晃平はプロ入りから無傷の7連勝

【オリックス】リーグ3連覇へ王手 ロッテとの直接対決制し優勝マジックは『2』に 東晃平はプロ入りから無傷の7連勝

2023年9月19日 21:07
【オリックス】リーグ3連覇へ王手 ロッテとの直接対決制し優勝マジックは『2』に 東晃平はプロ入りから無傷の7連勝
オリックス・中嶋聡監督
プロ野球パ・リーグ オリックス3ー2ロッテ(19日、京セラドーム)

優勝マジックを「4」としているオリックスは2位ロッテとの直接対戦を制し、リーグ3連覇へ王手をかけました。

オリックスは初回、ロッテ先発小島和哉投手から1アウト満塁のチャンスを作ると、5番ゴンザレス選手のサードゴロの間に先制点。さらに続く杉本裕太郎選手がレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースを放ち、2点のリードを奪います。

先発は育成出身、プロ入りから無傷の6連勝中の東晃平投手。初回に自己最速となる155キロのストレートで三振を奪うと、2回には安田尚憲選手を全球ストレートで3球三振。力強いストレートを武器にロッテ打線を抑えます。

しかし2-1と1点リードの5回、ヒットと2つの四死球で2アウト満塁のピンチを背負うと、迎えるは3番山口航輝選手。初球のスライダーを捉えられレフトへの大きな当たりに。それでもフェンスギリギリでレフトがキャッチし、ピンチをしのぎました。

初回以降得点がなかった打線は6回、1アウト2塁3塁のチャンスで宗佑磨選手。しかし初球をスイングすると、右足への自打球となり負傷交代となります。それでも急きょ代打で出てきたセデーニョ選手がセンターへのタイムリーで追加点をあげます。

援護をもらった東投手は、7回110球の熱投で被安打5、5奪三振、1失点。勝利投手となり球団史上初のデビューからの7連勝となりました。オリックスはこれで優勝マジックは『2』。20日のロッテ戦でリーグ3連覇がかかります。