×

【巨人】先発から中継ぎ転向ビーディ “ビーディ劇場”開演も満塁のピンチをしのぎ雄たけび上げる

2023年6月13日 21:09
【巨人】先発から中継ぎ転向ビーディ “ビーディ劇場”開演も満塁のピンチをしのぎ雄たけび上げる
巨人・ビーディ投手(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・パ交流戦 巨人3-0西武(13日、東京ドーム)

3点リードで迎えた8回表、巨人は3番手・ビーディ投手がマウンドに上がります。

西武の先頭、代打の金子侑司選手に四球、源田壮亮選手にはツーベースヒットを許し、ノーアウト2、3塁のピンチを迎えます。

続く鈴木将平選手はキャッチャーゴロに仕留めるも、外崎修汰選手に四球を与えピンチは続きます。

1アウト満塁と1発浴びれば逆転の場面で、打席には4番のマキノン選手を迎えます。しかし、最後はマキノン選手をショートゴロとすると、ダブルプレーで得点は与えず。マウンドのビーディ投手は雄たけびを見せました。

SNSでは「ビーディ中継ぎで復活は巨人にとって大きいだろうね」「不安なとこあったけど、ようやってるよほんとに」「ビーディ劇場、胃が持たん」と様々な声が。

ビーディ投手は、中継ぎに転向してから3試合目の登板となりました。中継ぎ初登板の9日のソフトバンク戦では、1回1安打1四球無失点をマーク。また、11日のソフトバンク戦では1回1奪三振無失点で初ホールドを記録しています。試合は3-0でゲームセット。ビーディ投手はこの試合でもホールドをマークしています。