日テレNEWS
スポーツ
2022年5月8日 15:55

巨人・ウォーカーが決死のヘッドスライディング チャンスメイクし同点のホームへ

巨人・ウォーカーが決死のヘッドスライディング チャンスメイクし同点のホームへ
気迫のヘッドスライディングを見せた巨人・ウォーカー選手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人-ヤクルト(8日、東京ドーム)

巨人の助っ人外国人・ウォーカー選手が決死のヘッドスライディングをみせました。

1点を追う巨人は4回、ウォーカー選手がセンター前ヒットで出塁すると、岡本和真選手もこれに続きセンター前ヒット。ノーアウト1,2塁のチャンスを作ります。

続くポランコ選手がセンターフライを放つと、ここでウォーカー選手がタッチアップ。3塁へ激走し決死のヘッドスライディングをみせます。

ウォーカー選手の気迫に押されたのかヤクルトのショート長岡秀樹選手が送球ミス。その間に1塁の岡本選手も2塁に進み、1アウト2、3塁とチャンスを広げます。

ウォーカー選手は次の中島宏之選手のセンターフライでまたもタッチアップ。同点のホームを踏みました。

試合は1-1の同点で5回を迎えています。