×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 2軍戦で先発の巨人・菅野智之 2回4失点も「打者に投球が出来たこと、本当に良かった」と収穫を口にする

2軍戦で先発の巨人・菅野智之 2回4失点も「打者に投球が出来たこと、本当に良かった」と収穫を口にする

2022年8月11日 16:21
2軍戦で先発の巨人・菅野智之 2回4失点も「打者に投球が出来たこと、本当に良かった」と収穫を口にする
2軍戦に先発した巨人・菅野智之投手
プロ野球イースタン・リーグ ロッテ7-5巨人(11日、ロッテ浦和球場)

新型コロナ陽性で離脱していた巨人の菅野智之投手が2軍戦で先発で登板し、2回4失点という投球内容でマウンドをおりました。

立ち上がりの初回を無失点で抑えた菅野投手ですが、味方に4点を先制してもらった直後の2回、フォアボールで先頭打者に出塁を許すと、5番・福田秀平選手にツーランホームラン、6番・村山亮介選手にソロホームランと2者連続アーチを浴びてしまいます。


その後も2アウト3塁から1番・西川僚祐選手にタイムリーツーベースヒットを許し、この回だけで4点を失いました。

試合後菅野投手は「久しぶりの登板となりましたが、抑えた、打たれたではなく、打者に投球が出来たこと、本当に良かったと思います。次の登板にむけての時間を有効に使ってしっかりと調整して、一軍のマウンドに立ちたいと思います」とコメント。前向きな姿勢を見せました。