×

【ソフトバンク】3イニング連続併殺から…7回に連打、連打で逆転勝利 有原航平が7回2失点で6勝目

2024年6月11日 20:46
【ソフトバンク】3イニング連続併殺から…7回に連打、連打で逆転勝利 有原航平が7回2失点で6勝目
勝ち越しタイムリーを放ったソフトバンクの中村晃選手(写真:時事)
プロ野球セ・パ交流戦 ソフトバンク4-2ヤクルト(11日、みずほPayPayドーム)

ソフトバンクが7回に打線がつながり逆転勝利しました。

2点を先制されたソフトバンクは、4回以降毎回ランナーが出塁。しかしヤクルト先発の吉村貢司郎投手の前に、3イニング連続でダブルプレーを記録し、なかなか得点につなげられません。

それでも7回は先頭の今宮健太選手がセンターへのヒットで出塁。続く栗原陵矢選手がライトへのヒットを放ち、チャンスを広げると、4番の山川穂高選手と5番の近藤健介選手に連続タイムリーヒットが飛び出し、4連打で試合を振り出しに戻します。

さらに続く柳町達選手は、2番手の山本大貴投手から送りバントを決めて、1アウト2、3塁へ。7番の中村晃選手の打球は、センターへの2点タイムリーヒットとなり、この回5安打4得点で逆転しました。

先発の有原航平投手はオスナ選手に2点タイムリーヒットを浴びますが、7回2失点の力投。今季6勝目を手にしています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ソフトバンク】3イニング連続併殺から…7回に連打、連打で逆転勝利 有原航平が7回2失点で6勝目