日テレNEWS
スポーツ
2022年7月29日 19:25

中日・高橋宏斗 前回登板は奪三振12もこの日は打たせて取るピッチング 3回までに三振は2つ

中日・高橋宏斗 前回登板は奪三振12もこの日は打たせて取るピッチング 3回までに三振は2つ
3回までに2奪三振の中日・高橋宏斗投手

◇プロ野球セ・リーグ 広島―中日(29日、マツダスタジアム)

中日の先発、高橋宏斗選手は前回の試合で奪三振12としていますが、この日は打たせて取るピッチングで、2回まで奪三振は「0」としています。

この日、最初の奪三振は3回の先頭打者、小園海斗選手から。ファウルで粘る小園選手に対し、最後7球目はインコースにスプリット。バットを振ってしまった小園選手が思わず、驚きの表情でマウンド上の高橋投手を見つめる場面もありました。

続く會澤翼選手にはこの日初めての出塁となるフォアボールを出してしまいますが、大瀬良大地投手の代打で登場した羽月隆太郎選手もワンバウンドのスプリットでハーフスイングで三振に取るなど、徐々に奪三振のペースを上げています。