×

【パ・リーグ順位表】3試合ともスコアが4対1 2位・日本ハムは首位・ソフトバンクとゲーム差3.5と迫る

2024年5月15日 6:15
【パ・リーグ順位表】3試合ともスコアが4対1 2位・日本ハムは首位・ソフトバンクとゲーム差3.5と迫る
5月14日試合終了時点のパ・リーグ順位表
プロ野球、パ・リーグは14日、各地で3試合が行われました。

楽天は2回裏、ノーアウト1,3塁の場面で平良竜哉選手がレフトへのタイムリーを放ち先制。先発のポンセ投手は6回1失点の好投で今季3勝目を手にしました。敗れた首位・ソフトバンクは好調の打線が1得点と振るいませんでした。

西武と対戦した2位・日本ハム。2回に伏見寅威選手のタイムリーヒットで得点を挙げると、3回にはマルティネス選手がタイムリースリーベースを放つなどリードを広げます。先発・ 山崎福也投手は9回1失点7奪三振の好投で今季2度目の完投勝利となり、首位・ソフトバンクにゲーム差3.5と迫りました。

ロッテは初回に3点をあげると、2回にも岡大海選手のホームランで追加点を奪います。その後は6回表に降雨コールドとなり、ロッテが勝利しています。敗れたオリックスは3連敗となりました。

なお、この日パ・リーグの3試合はすべて4―1のスコアとなりました。

【14日のパ・リーグ結果】
◆楽天4―1ソフトバンク
勝利投手【楽天】ポンセ(3勝2敗)
敗戦投手【ソフトバンク】有原航平(3勝3敗)
セーブ【楽天】則本昂大(1勝8S)
本塁打【楽天】石原彪3号

◆日本ハム4―1西武
勝利投手【日本ハム】 山崎福也(4勝1敗)
敗戦投手【西武】高橋光成(0勝4敗)

◆ロッテ4―1オリックス
勝利投手【ロッテ】西野勇士(3勝3敗)
敗戦投手【オリックス】東晃平 (1勝3敗)
本塁打【ロッテ】岡大海4号

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【パ・リーグ順位表】3試合ともスコアが4対1 2位・日本ハムは首位・ソフトバンクとゲーム差3.5と迫る