×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【夏の甲子園】土浦日大が37年ぶりに初戦突破 延長タイブレークの“開幕戦”制す 大会第1号は土浦日大・松田のバックスクリーン弾

【夏の甲子園】土浦日大が37年ぶりに初戦突破 延長タイブレークの“開幕戦”制す 大会第1号は土浦日大・松田のバックスクリーン弾

2023年8月6日 15:08
【夏の甲子園】土浦日大が37年ぶりに初戦突破 延長タイブレークの“開幕戦”制す 大会第1号は土浦日大・松田のバックスクリーン弾
先制のソロ本塁打を放つ土浦日大・松田陽斗選手(写真:時事)
◇第105回全国高等学校野球選手権記念大会 1回戦 土浦日大8-3上田西(6日、甲子園球場)

開幕戦となった大会第1日の第1試合は延長タイブレーク戦までもつれた末、土浦日大が勝利し、2回戦進出を決めました。

0-0の2回、大会第1号ホームランが飛び出します。土浦日大の5番・松田陽斗選手(3年)は初球の高く浮いたストレートを捉えます。高く上がった打球は、ぐんぐんと伸びていき、観客のどよめきとともにセンターバックスクリーンにスタンドイン。松田選手は空に向かって人差し指を立てながらダイヤモンドを一周し、ホームランを喜びました。

その後、土浦日大が2点をリードするも4回に上田西が追いつき、試合は延長タイブレーク戦に突入。

2-2の同点で迎えた10回、先攻の土浦日大が猛攻撃を仕掛けます。0アウト1、2塁の場面から始まるタイブレーク。先頭バッターは打ち取られるも、四球で1アウト満塁のチャンスを作ると、代打の飯田将生選手(3年)がレフトへのタイムリーヒットを放ち1点の勝ち越しに成功。その後、2アウトとなるも5連打でこの回6点を奪いました。

後攻の上田西も10回裏に1点を返すも反撃は及ばず、8-3で土浦日大が勝利。土浦日大は37年ぶりに夏の甲子園初戦突破となりました。