×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ヤクルト・高津臣吾監督 リリーフ起用の原樹理に言及「本来であれば先発するべき。リリーフ回っている理由がある」

ヤクルト・高津臣吾監督 リリーフ起用の原樹理に言及「本来であれば先発するべき。リリーフ回っている理由がある」

2022年9月23日 23:46
ヤクルト・高津臣吾監督 リリーフ起用の原樹理に言及「本来であれば先発するべき。リリーフ回っている理由がある」
ヤクルト・高津臣吾監督
プロ野球セ・リーグ DeNA8-6ヤクルト(23日、神宮球場)

DeNAとの直接対決3連戦の初戦を落としたヤクルト。

高津臣吾監督が試合後、2番手で登板した原樹理投手について「誰か長いイニングを投げられる人と思って」と起用の意図について言及。

原投手はこの日のDeNA戦で2番手として2回2/3を投げ、2本のホームランを浴びて2失点の内容でした。

高津監督は原投手と同じく、前日に3番手で登板して2回1失点だった高梨裕稔投手の名前も挙げて、「本来であれば2人が先発するべきだと思います」とやや強い口調で語り、さらに「ただそこを外されている理由があるわけで、リリーフ回っている理由があるわけで、それを本人たちがどう考えているか」とコメントし、両投手に奮起を促しました。