×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • まるで360度を阪神ファンに囲まれているような状態 巨人・赤星優志 味方のエラーにも動じず無失点

まるで360度を阪神ファンに囲まれているような状態 巨人・赤星優志 味方のエラーにも動じず無失点

2023年9月14日 18:22
まるで360度を阪神ファンに囲まれているような状態 巨人・赤星優志 味方のエラーにも動じず無失点
甲子園で力投する赤星優志投手(写真:時事)
プロ野球セ・リーグ 阪神ー巨人(14日、甲子園球場)

360度を阪神ファンに囲まれているような状態で先発のマウンドにあがった巨人の赤星優志投手。

先頭の近本光司選手を三振に仕留めますが、続く中野拓夢選手に対し、カウント1-2からの4球目、低めへのスライダーを打ち返されます。

ファーストの岡本和真選手が飛びつき、打球をグラブで弾きます。ボールがちょうどセカンドの中山礼都選手の元へ。しっかり捕球した中山選手でしたが、走りながらベースに入る赤星投手にうまく送球できません。送球が後ろにそれ、中野選手はセーフ。記録はセカンドへの内野安打となりました。

さらに、森下翔太選手へはセンターへのヒットを許します。これをセンターの丸佳浩選手が処理にもたつくと、中野選手はすかさず3塁に進塁。1アウト1、3塁のピンチを背負います。

しかし、4番大山悠輔選手をなんとかショートゴロに。ショートの門脇誠選手は丁寧にセカンドへ。そこからファーストにボールが送られ、ダブルプレーと、無失点で切り抜けたものの、阪神ファンの声援に巨人ナインがのみ込まれているような雰囲気となっています。