日テレNEWS
スポーツ
2022年5月1日 16:44

「粘り切れなかった」今季初先発の巨人・高橋優貴 6回途中で降板 この回阪神に逆転許す

「粘り切れなかった」今季初先発の巨人・高橋優貴 6回途中で降板 この回阪神に逆転許す
6回途中で降板となった巨人・髙橋優貴投手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人-阪神(1日、東京ドーム)

巨人の先発・高橋優貴投手が、6回途中で降板となりました。

今季初先発となった高橋投手。5回まで、ヒットは許すものの、阪神打線から6つの三振を奪うなど、0点に抑え込みます。

しかし6回。1アウト1、3塁のピンチを招くと、ここまで2安打を打たれている阪神・糸原健斗選手にタイムリーを打たれ、同点に追いつかれます。

ここで高橋投手は降板。5回1/3、105球で、今季初先発のマウンドを終えました。降板後には、「粘り切れなかった事が反省点です。6回は投げ切らなければなりませんでした」とコメントしています。

その後、2番手のデラロサ投手が追加点を許し、阪神に逆転を許しています。