日テレNEWS
スポーツ
2022年6月10日 19:38

タイムリーの後にけん制アウト 広島・堂林翔太 それでも今季初先発の野村祐輔にリード与える

タイムリーの後にけん制アウト 広島・堂林翔太 それでも今季初先発の野村祐輔にリード与える
タイムリーを放つもけん制アウトとなった堂林翔太選手

◇プロ野球セ・パ交流戦 西武ー広島(10日、ベルーナドーム)

今季初先発の野村祐輔投手になんとか勝ちをつけたい広島は、3回に2-2に追いつくと、4回に坂倉将吾選手がフェンス直撃の2塁打を放ち、上本崇司選手が送って1アウト3塁とします。

ここで打席に立ったのは“鯉のプリンス”堂林翔太選手。

西武の先発、高橋光成投手のフォークをセンターに打ち返し、勝ち越しに成功しました。

興奮さめやらぬ雰囲気でしたが、堂林選手がけん制アウトに。

広島は流れをつかみきれませんでした。