×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

「すごく安心した」パリ五輪内定の女子マラソン代表・一山麻緒 途中棄権の夫・鈴木健吾と夫婦で五輪へ「一緒に頑張りたい」

2023年10月17日 6:01
「すごく安心した」パリ五輪内定の女子マラソン代表・一山麻緒 途中棄権の夫・鈴木健吾と夫婦で五輪へ「一緒に頑張りたい」
MGC2位でパリ五輪内定を決めた一山麻緒選手(左)と夫でMGC途中棄権の鈴木健吾選手(左)【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】
◇陸上マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)一夜明け会見〈16日、東京都内〉

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)でパリ五輪マラソン代表の切符を手にした一山麻緒選手がレースから一夜明けた16日にパリへの思いを語りました。

2位に入り、2大会連続の五輪代表となる一山選手は「パリの切符をMGCで決められたのは、すごく気持ち的にも安心したし、しっかり準備ができるいいスタートが切れた」と心境を明かしました。

東京五輪は海外選手の“上げ下げ”の範囲の広さを実感したという一山選手。「結構足にもダメージが来るレースが経験できた。何回も“上げ下げ”があっても、最後まで足が残っている、最後で勝負できるくらいの足も作っていかないと。勝負できる力をつけたい」と、“上げ下げ”に対応できる練習を積むと話しました。

「東京五輪の時はスタートラインにたった時に、心身ともに疲れ果てていた。パリ五輪に向けては、準備段階で楽しみだなっていう気持ちをまず1番大切に準備していけたら結果もついてくのではないか。東京五輪よりもいい順位で走りきりたい」と目標を掲げました。

また今大会、途中棄権した夫の鈴木健吾選手とレース後に話したかと聞かれると、「もう1回、チャンスがあるので、そこに向けて、あともう1回頑張るって言っていたので、私も一緒に頑張りたいと思う」と“夫婦で五輪”に向けてコメントしました。

今大会では、男女上位2人が来年行われるパリ五輪のマラソン代表に決定。代表枠は男女各3人で、残る1枠は12月以降のMGCファイナルチャレンジを経て選出されます。該当の大会において設定記録を上回る選手がいない場合は、MGCの3位の選手が代表が選ばれます。