×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「佐野皓VS三ツ俣で何か始まってる?」 走塁で隙を突いて生還した三ツ俣が守備でも佐野の打球をお手玉しながらアウトとる

「佐野皓VS三ツ俣で何か始まってる?」 走塁で隙を突いて生還した三ツ俣が守備でも佐野の打球をお手玉しながらアウトとる

2022年5月27日 20:29
「佐野皓VS三ツ俣で何か始まってる?」 走塁で隙を突いて生還した三ツ俣が守備でも佐野の打球をお手玉しながらアウトとる
中日の三ツ俣大樹選手(左)とオリックスの佐野皓大選手(右)
プロ野球セ・パ交流戦 オリックスー中日(27日、京セラドーム)

6回にオリックスのセンター、佐野皓大選手の捕球後の隙を突いて、3塁から生還した中日の三ツ俣大樹選手。

「ベースをまわった時にセンターがボールを持っていた。ホームを狙おうと思った瞬間、大西コーチも『行け!』と声が聞こえたので、思い切って走りました」と、3塁コーチャーを務める大西崇之コーチのアドバイスも好走塁につながったとコメントしました。

7回の守備でも佐野選手が打ったボールを2回お手玉しましたが、慌てることなく1塁へ送球。

ビシエド選手が体を伸ばして、捕球したこともあり、アウトをとっています。

SNSでは「えーと、佐野皓VS三ツ俣で何か始まってる?」「佐野は三ツ俣に何かあるのか?」など2人の対決を楽しむような声があがっています。