×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “淀みない攻撃”で首位阪神初回先制  1番近本四球、2番中野犠打 理想的チャンスメークに4番大山流し打ち

“淀みない攻撃”で首位阪神初回先制  1番近本四球、2番中野犠打 理想的チャンスメークに4番大山流し打ち

2023年8月11日 18:43
“淀みない攻撃”で首位阪神初回先制  1番近本四球、2番中野犠打 理想的チャンスメークに4番大山流し打ち
阪神・近本光司選手(左)、中野拓夢選手(中央)、大山悠輔選手(右)
プロ野球セ・リーグ 阪神―ヤクルト(11日、京セラドーム)

7連勝と絶好調の阪神は初回、ヤクルトの先発・高橋奎二投手からチャンスを作ります。

まず1番・近本光司選手がフォアボールを選び出塁すると、2番・中野拓夢選手が犠牲バントを1球で決め、得点圏にランナーを進めます。

その後1アウト2塁の場面で、打席には4番大山選手。2ストライク2ボールからの6球目、外角チェンジアップにタイミングを合わせて流し打ち。打球はライト前へのタイムリーヒットとなり、阪神が先制点を挙げました。

1、2番のチャンスメークに4番がきっちりランナーを返す仕事。理想的な点の取り方で、8連勝に向けて好発進を決めています。

先制タイムリーに大山選手は「追い込まれていましたが、浮いた変化球をしっかりしとめることができました。試合の入りからいいスタートが切れてよかったです」とコメントを残しています。