×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 西武・平井克典が小学校へ野球道具を寄贈「外で遊ぶきっかけを作ることができれば」

西武・平井克典が小学校へ野球道具を寄贈「外で遊ぶきっかけを作ることができれば」

2022年12月16日 18:54
西武・平井克典が小学校へ野球道具を寄贈「外で遊ぶきっかけを作ることができれば」
目録を寄贈する平井克典投手(左)と中野一宮市長(右) 写真:球団提供
プロ野球・西武の平井克典投手は16日、母校の愛知県一宮市立浅野小学校を訪問。自身の社会貢献活動として、ティーボールセットを浅野小学校を含む一宮市内の小学校計12校に寄贈しました。

平井選手は2022年から、シーズンの登板数×1万円、勝利数×2万円を社会貢献にあてる活動を開始。今季は30試合登板、6勝だったため、合計42万円分の野球道具を小学校に寄贈しました。

寄贈式後、平井投手は児童との野球体験教室や質問コーナーに参加し、児童たちとの交流を深めました。

平井投手はこの活動を「こどもたちの野球人口や、外で遊ぶ機会も減ってきているなかで、少しでもみんなが外で遊ぶきっかけを作ることができれば」という思いで開始し、活動後には「児童のみなさんが本当にパワフルで僕自身元気をもらいました」とコメント。

さらに平井投手は「一宮市内の小学校すべてにティーボールセットを寄贈できるよう、来シーズンはさらにがんばります」とさらなる飛躍を誓いました。