日テレNEWS
スポーツ
2022年6月22日 20:41

「大丈夫そうで良かった」“3安打猛打賞”阪神・中野拓夢 交錯のアクシデントもプレー続行

「大丈夫そうで良かった」“3安打猛打賞”阪神・中野拓夢 交錯のアクシデントもプレー続行
阪神・中野拓夢選手が3安打の猛打賞

◇プロ野球セ・リーグ 広島-阪神(22日、マツダスタジアム)

阪神・中野拓夢選手がアクシデントにも負けず、活躍を見せています。

3回チャンスで2塁ランナーの阪神・中野選手は、ヒットで一気にホームへ。ヘッドスライディングでホームに突入した際、捕球しようとした広島のキャッチャー會澤翼選手と交錯。會澤選手のグラブが顔に当たる形となり、中野選手はしばらく倒れ込みました。

状態が心配されましたが、そのまま途中交代せず、出場を続けた中野選手。

SNSでは『中野大丈夫』と心配するファンも見られましたが、その後5回、7回と連続ヒットで3安打の猛打賞。これには「大丈夫そうで良かった」「ケガすんなよ」とプレーでファンに大丈夫なことをアピールしてくれています。