×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「早くこのスタジアムで戦いたい!」 サンフレ&レジ-ナの選手達が新スタジアムの天然芝に感激

「早くこのスタジアムで戦いたい!」 サンフレ&レジ-ナの選手達が新スタジアムの天然芝に感激

2023年11月29日 20:21
「早くこのスタジアムで戦いたい!」 サンフレ&レジ-ナの選手達が新スタジアムの天然芝に感激

2024年2月の開業を目指す新スタジアム「エディオンピースウイング広島」で、サンフレッチェ広島の選手らがピッチに張り終わった天然芝の感触を確かめました。

■赤羽記者リポ
「サッカースタジアム完成まで1か月余り。ご覧ください。芝が張られました。薄い緑の部分が人工芝、ピッチ上は天然芝になっているということです」

こちらが9月のスタジアムの様子…。
それから2か月、スタジアムの竣工が近づきました。

3日間をかけてピッチに張り終えた天然芝は鳥取県で3年間育てたもので、衝撃に強いのが特徴です。

早速、ホームスタジアムとするサンフレッチェ広島の選手らが芝の様子を確認しました。きょうはここまですべて“順調”に進んできましたが…。

■スタッフ
「あっ、サッカー関係者の皆さん!人工芝に沿ってこちらまで来てください」
「すみません!人工芝を通ってこちらに来ていただくように係員の人、誘導してください」
「すみません…サッカー関係者は人工芝を通ってこちらまで来ていただけますでしょうか…」

芝は手入れを受けながら、Jリーグの開幕を待ちます。ピッチを駆け抜ける、男子チームと女子サッカー・サンフレッチェ広島レジーナの選手の期待も高まります。

■サンフレッチェ広島レジーナ DF 左山桃子 選手
「思ったよりも観客と近い。点が入った瞬間とかたくさん喜び合えると感じた」
■サンフレッチェ広島 DF 荒木隼人 選手
「非常に感動、感激しました。早くこのスタジアムで戦えることできると思うとすごく楽しみです。」

スタジアムの開業とJリーグの開幕まで2か月余り…。建設工事は年内に終える予定です。

(2023年11月29日放送)

    広島テレビのニュース