×

島根の海に迷い込んだ生き物って? ウミガメや熱帯魚などを展示 島根県・海洋館アクアス

2024年3月28日 14:13
島根の海に迷い込んだ生き物って? ウミガメや熱帯魚などを展示 島根県・海洋館アクアス

島根県浜田市と江津市にまたがるしまね海洋館アクアスでは、島根の海に漂着した生き物などを特集した特別展が開かれています。

この特別展では、アザラシや熱帯魚など、島根の海に迷い込んだ生き物の標本などを展示しています。中には、2000年に江津市に漂着した体長6.2メートルのミンククジラの頭の骨が調査風景とともに展示されています。また、去年10月に大田市で保護されたウミガメ・タイマイも展示されていますが、今後、海に帰す予定だということです。

しまね海洋館アクアス 梶谷恵美さん
「アクアス近くの海に流れ着いた生き物たち、いろいろあります。そこから私たちがどんなことを調査しているのか、どんなことがわかるのかということを皆さんに知っていただきたいと思っています」

この特別展「どんぶらこ-しまねに流れ着いた生き物たち-」は、5月13日まで開かれています。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 島根の海に迷い込んだ生き物って? ウミガメや熱帯魚などを展示 島根県・海洋館アクアス